手先の器用さ

いつもお読みいただき

ありがとうございますかお♪

 

 

 

こどもからだあそびコーディネーターの

せいこリーダーですいえ~い

 

 

 

先日子どもをつれて

お絵かきにいってきました

 

 

 

いろいろやったのですが

その一つが

ひたすら まる○を描く

 

 

 

どんなまるでもよくて

おもいつくままに

思うようにかきました

 

 

 

 

小学生になると

○をくっつけて

何かにしようとする

 

 

 

 

幼児は夢中になって

ほんとひたすらに

まる をかいていました

 

 

 

                    (写真がさかさまですみません)

未就園児は興味のあること

目にしたものをまねたり

自分と紙に浮かぶ絵と対話する感じでした

 

 

 

それぞれでとてもおもしろかったのですが

うちの末っ子は普段お絵かきなんて

まったくしません

 

 

 

ついでにはさみも使いませんし

お箸だって使えません

手先は器用な方ではありません

 

 

 

反対に長女は

一歳のころから

お箸を上手につかっておりました

 

 

 

あの子ができているのに

うちの子は…と思いがちですが

 

 

 

手先の器用さは

身体がしっかり作られたら

自然と身についてきます

 

 

 

人間の身体は

まずは中心から

そして末端へと発達していきます

 

 

 

手足をつなげている

身体の真ん中がしっかりすれば

徐々に指先の巧緻性がついてきます

 

 

 

最近は早期教育や知育おもちゃ

など 手先の器用さ=頭の良さ

みたいに見えてしまいますが…

 

 

 

ぶっぶーフキダシ-×

 

 

 

手先の器用さを身に着けたければ

まずは身体をしっかり動かす

粗大運動たくさんすることです 手

 

 

 

その子その子で興味のあることも

得意も 嫌いも 全部違います

でもきっと

 

 

 

お父さんやお母さんといっしょなら

身体を動かして遊ぶこと

大好きです

 

 

 

身近な人が楽しそうに遊ぶ姿をみて

遊ぶこと、身体を動かすことの

楽しさを知っていきますルンルン

 

 

 

そして だんだん

しっかり座ることができて

指先の動きに集中できるようになりますよ~

 

 

 

さて 明日はレクトに登場します

お近くの方 お時間ありましたら

是非お越しくださいませ♪

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました