体育プログラムのご案内~体づくり運動~

まっすぐ立てる体づくり【よい姿勢で立つ】

 

 

まっすぐ立つために必要な【体幹(コア)の力】を身につける

 
赤ちゃんが生まれてから、立って歩けるようになるまでの

約1年間の間に、様々な運動を行いながら、体を育んでいきます。

泣く・仰向け・うつ伏せ・寝返り・腹ばい・はいはいなど、

こうした運動を繰り返すことによって

「立って歩くために必要な体幹の力」を獲得していると考えられています。
この時期に「うつ伏せ遊びをしていない」

「はいはいをあまりしていない」ということは、

「体幹の力を獲得せずに立ってしまうことになり、

・猫背で姿勢がわるい
・ふにゃふにゃする
・じっとしていられない
・よくつまづいたり、転んだりする
・歩き方、走り方が何かおかしい
・なんとなく動き方がおかしい
・何をやらせてもうまくできない

などといったことにつながっていることは少なくありません。
こうした状態になっているのは、体幹の力が弱く、重力環境の中で

「自分の体を支えて動く」ということがうまくできていないことが要因になっています。

こういった状況では、大きくなり大好きなことを見つけて

熱中したいと思ったときに「上達しない」「おもしろくない」「ケガをしてしまう」などといったネガティブなことにつながる可能性が大きくなります。

全ての子どもたちは、無限大に体の可能性や未来の可能性を平等に持っています。その可能性を引き出すためにも「体幹の力」をしっかりと身につけ、全ての身体活動の土台となる「まっすぐ立つ(よい姿勢)」を獲得することから始めることが大切です。

ヒトであれば誰もがとおる「赤ちゃんの発育発達過程」に合わせた、

子どものための体幹トレーニングで、体幹の力を引き出し、

まっすぐ立てるよい姿勢づくりを行います。

 

 

 


【4つのステージ詳細】

動きづくり運動

多様な運動

複合運動

 

※クリックしてください


 

【教室のテーマとプラン】

実際の教室では1年間をいくつかのクールに分けて、

様々なテーマを設定して体育プログラムを作成します。 
・体づくり運動

・動きづくり運動

・多様な運動

・複合運動 
4つの要素の割合を変えながら、

より高度で巧みな動作を身につけていくプログラムの全体像になります。 

 

また、4つの要素は相互関係性が高く、

姿勢がよくなれば動きがよくなり、操作性が高まります。

操作性が高まれば、姿勢をよくする運動の質も高まり、

より姿勢がよくなるという関係性です。

そのため、1年クールで考え、下記のような配分(イメージ)で年度を繰り返していくようになります。

 

●幼児クラス(50分)

  3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 12ヶ月 
体づくり 30分 25分 20分 15分
動きづくり 10分 15分 15分 15分
多様な運動 5分 10分 10分 15分
複合運動 5分 5分 5分 5分

幼児クラスの場合は、まっすぐ立ち、

思うように体を動かせるようになっておくべき年代であるため

「体づくり」と「動きづくり」が非常に大切な時期です。

そのため、この2つの要素にかける時間が比較的多くなり、

身体内適応を高めピラミッドの土台をしっかりとつくっていきます。

また、体力的にも運動量は十分確保できます。 
土台は大きければ大きいほど理想的であるため、

年度スタートは体づくりをメインに行っていきます。 
 

●小学生クラス(60分)

  3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 12ヶ月 
体づくり 25分 20分 15分 10分
動きづくり 20分 20分 20分 20分
多様な運動 10分 15分 15分 20分
複合運動 5分 5分 10分 10分

小学生クラスの場合は、年齢的に色々な環境に合わせて動くことを習得し、巧みさを少しずつ上げていく時期になります。

そのため、体づくりをウォーミングアップのようなイメージで活用しつつ、立ってからの運動である「動きづくり」「多様な運動」をメインにして、身体外適応を高めていきます。 
神経系の発達が促されていく時期でもあるので、

色々な運動刺激を加えながら運動量を確保していきます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました