全ての運動の土台になる!ボディコントロールって?

┣ からだのこと

こんにちは!G♡Iこども体育くらぶのほのリーダーです!

今回は、運動スポーツをする上で土台として欠かせない
『ボディコントロール』についてお話していきます!

ボディコントロールとは

身体内適応ともいい、自分の体をどれだけうまく扱えるかということです。

体の内部を調整し、重力に対して一番いい形でまっすぐ立って、歩くこと。
ヒトの基本機能と言われる『直立二足歩行』が“ちゃんと”できるようになります。

例えば大人でも、猫背だったり、お腹が前に出るような姿勢
つま先で歩く
これは重力に対して立って歩いてはいますが、
“ちゃんと”直立二足歩行はできていません。

ボディコントロールができていると、直立二足歩行がちゃんとできて
体幹と手足がバランスよく上手に動かせるので
ムダな力を使わずに動くことができます。

ムダな力を使わないということはケガのしにくい体になりますし、パフォーマンスも上がります。

ボディコントロールが高いと、
自分の体をどう動かせばいいかを体がよくわかっているため
1番効率のいい動き方で運動をすることが可能です

ボディコントロールを高めるには

たくさんの経験と感覚が大切になります。
少しづつ全体適正を高めていくことが必要なため、繰り返し動くことが大切です。

G♡Iでは、教室の最初に『コアキッズ体操』をしています。

コアキッズ体操は赤ちゃんが生まれてから立ち上がるまでの
発育発達の過程を遊びにしたもので、
とにかく体をたくさん動かします!!

仰向け、うつ伏せ、寝返り、腹ばい、四つ這い、高這い、膝立ち…

質を求めるのではなく、
運動量を増やすことを大事にしています。

発育発達の動きは、全身の協調がとても高まり、
動くことで自分の体の大きさや存在を明確に認識できるようになります

そのため、ボディコントロールが高まる、
つまり自分の体を扱うことが上手になります。

楽しく遊ぶのが1番!

アスレチックや海で遊ぶ、友達と遊ぶなど環境に適応するには
まずボディコントロール(身体内適応)が
土台として大切になります。

色々と理論的なことをお話ししましたが、
結局は子どもが楽しいと思うことが1番大切です!!

楽しく体を動かすことが
子どもの運動スキルを高める近道です
😊

発育発達の動き、遊びはお家でもできるので
ぜひやってみてください!

+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+

G♡Iこども体育くらぶの公式LINEができました!
イベント情報など随時アップされますのでぜひご登録ください!

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました