物を操作するのは難しいけど正解はない

こんにちは
白いご飯だいすきハナリーダーです☆

今月から宇品教室は
ボールを使っているプログラムをしています(*^^*)

こどもたちは
「ボール使うよ!」と言っただけで
テンションアゲアゲです(*´▽`*)

ボールは
・公園
・小学校
・お家
などでよく使われているツールだと思いますが
意外とものを操作することは
こどもたちからすると難しいもの、

簡単そうに見えて
自分のカラダ以外に操作するとなると
少しハードです。

〇投げる
〇ける
〇キャッチする
〇狙う
など基本的なボールを使った
動きがありますが
小学生のうちは
なんとなくの『運動用動作』でOKなのです

習い事での
スポーツをしていると
正確なフォームが求められることもありますが、
(ここからは私のいちトレーナーとしていいますので(笑))
中学生くらいに入ってから本格的なものに入ったほうが
こどもたちのカラダからすると一番いいと思います。

なぜなら
スポーツは骨格・体が出来上がって完成した大人のための競技であり、
こどもたちに対応したものではないから。

こどもたちは、大人のミニチュアではない

ここを理解することがなによりも大切です。

海外の先進国では
ある一定の競技・スポーツは4年生以上とされています。


だから、
G♡Iでは
正確性のある

〇投げ方
〇蹴り方
〇キャッチの仕方
〇狙い方
は教えていません。

小学生のうちは
なんだっていいんです。

こどもたちは無意識に
どうやったらうまくいくか考えています

そこに大人の正解を言うと
こどもたちは
それでしか動けなくなります。

なので
まずはやってみて、経験してでいいのです(*´▽`*)

気になる方は
G♡Iにお問い合わせくださいませ(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました